自己破産をセレクト|費用をチェックして生活難からの脱出応援ナビ

男性
おもちゃ

被害に遭ったら必ず相談

福岡県では交通事故に関わる問題に強い弁護士がたくさん活躍しており、損害金などの請求も確実に行ってくれます。相談の際には事故当時の状況を正確に伝える必要があるため、記憶が鮮明であるうちに相談に行きましょう。

説明

給付金を受け取る方法

B型肝炎とはその名の通りに肝炎の一種で、血液を媒体として感染するのが特徴で注射器の使いまわしで感染・発症する事もあります。注射器の使いまわしで感染・発症した場合には給付金を得られる事もあるので、弁護士に相談するのが望ましいです。

スーツの女性

各種の特例を利用する

企業は、法人税を支払わなければなりません。そこで、会社の出費を抑えるためにも、節税を行う必要があります。ですので、確定申告を申請する前に、節税できるような対策を行わなければなりません。

破産にかかるお金

弁護士

借金などの債務が膨れ上がり、返済能力や保有資産を大幅に超えた場合には、債務を返済すること自体が不可能になります。このような時に取れる法的救済措置が破産です。個人の場合には自己破産と呼ばれるもので裁判所に申立を行い、それが認められれば債務の一切が免責されます。ただしペナルティとして一定金額の価値のある資産はすべて没収されますし、また手続き中は特定の職業への就業制限、また他の場所へ移り住むにしても裁判所に届けなければならないといったことが課せられます。しかし、いずれにしても自己破産によってすべての債務が免責されるので、事実上返済が不能になった場合には自己破産した方が経済的にも社会的にも立ち直れるチャンスがあるため広く使われている法的救済措置になります。一方で自己破産といっても無料で出来るわけではありません。すべて自分の手で行う場合にしても裁判所に支払う収入印紙代や予納郵便代、予納金などから最低3万円の費用は必要です。また、資産がある場合には破産管財人を選定する必要があり、それらの費用として20万円から50万円程度かかります。弁護士に自己破産の手続きを依頼した場合には弁護士費用として、やはり20万円から50万円程度かかりますが、破産管財人は不要です。つまり資産があるなどした場合には弁護士を雇ってもそれほど費用は変わらず、また弁護士が手続きをすることでスムーズに手続きが出来るというメリットがあります。